スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作ゲームALTERについて③

こんにちは!今回はALTERのゲーム内容についてもっと詳しいことをお話しします。

前回の内容で、16枚のカードを4ラウンドに分けて獲得していき、計4枚のカードの内容で勝敗をつけると説明しました。
今回は、プレイヤーがどのような行動でカードを獲得していくのか、そこを説明したいと思います。

4人で遊ぶ場合のルールで説明していきます。
まずはスタートプレイヤーが山札の上から4枚を自分だけ確認した後、山札の四隅に好きな順番でカードを並べた後、獲得したいカードの上に自分のトークンを置きます。

この時置いたトークンですが、これは最終的にどのカードを獲得するかを示すものです。
要は予約みたいなものですね。
これでスタートプレイヤーの行動は終了です。


図1


次はスタートプレイヤー以外の行動です。
スタートプレイヤ―以外は、A.未来を視る B.未来を変える のどちらかを選択します。

A.未来を視る を選択した場合。

未来を視る場合、トークンの置かれていないカード全ての内容を自分だけが確認します。
このとき、カードの置かれている位置を変えてはいけません。
最後に自分のトークンを【戻したカードのいずれか】に置いてください。

スタートプレイヤーの描いた未来に乗っかってカードを獲得するということになりますね。


図2


B.未来を変える を選択した場合。

未来を変える場合、既にトークンが置かれているカードを1枚選択し先に置かれているトークンを時計回りに1カード分移動させます。その後、選択した場所に自分のトークンを置きます。
このとき、トークンを移動した先にもトークンがある場合は、該当するトークン全てを時計回りに1カード分移動させてください。

スタートプレイヤーの描いた未来に背いてカードを奪うということになりますね。


図3


これを繰り返して、カードを獲得していきます。
この手のゲームが好きな方はお気付きでしょう。そうですこのゲーム、相手の性格を知れば知るほど勝ち方が見えてくるんです。
ただ、相手も自分もプレイを重ねる度に成長していくので、毎回同じパターンで勝てるということではないので注意ですよ。


いかがだったでしょうか。
非常にシンプルなルールですよね?これならボドゲに慣れてない方でもすぐに覚えられるはずです。

次回は、点数とボーナスについて説明したいと思います。

自作ゲームALTERについて②

今日はALTERについてもう少し詳しい話をします!


ALTER.jpg


そもそも、なぜALTERを作ろうと思ったかについて。

実はALTERの前に「俺様物語」というゲームを企画し、CAMPFIREで資金集めをしていたのですが、よくよく考えれば無名のデザイナーが作ったゲームに3000円も出せるか?と考えたとき、現実的に厳しいであろうという結論に至りました。

そこで、まずは安価で入手できるゲームを製作し、それを通して「遊坊やのあきらってこんなゲームを作るんだ」と知ってもらおうと思ったわけでございます。

そんなわけで、比較的コンポーネントが少なく、ウチが好きなタイプのシステムを使っているALTERを処女作としてゲムマに出そうと考えたわけです。

今でこそボドゲを遊ぶ仲間が十数人という有難い環境になりましたが、ボドゲにハマりだした頃はガンバって5人集まればいいという環境で、いつでも遊べるメンツは1人しかいませんでした。
そんな環境だったため、自分が作るときはプレイ人数が2人~のものと言う考えがあったのです。

また、これまでほかの方のコレクションも含め色々なゲームを遊ばせて頂いた結果、ウチはあまり重すぎるゲームが好きではないという事に気付きました。(ゲームの雰囲気にもよるんでしょうが。)
なので、ウチが作るゲームは軽~中くらいをメインにしようと考えてます。


とまぁ、ALTER誕生までのお話はここまでとして、今回はゲームシステムについても少し触れようと思います。

ALTERはシンプルな点数を稼ぐゲームです。

カードは0,1,2,3の4種で計16枚。数字によって枚数が異なっています。

これを1ラウンド毎に1枚ずつ獲得し、全4ラウンドで獲得した4枚のカードの合計値+ボーナス値が最も高いプレイヤーが勝利するという内容になっております。


今回はこのくらいで。
次回は、プレイヤーの行動についてお話していきたいと思います。

ゲムマ2016秋新作「トルトラレル」紹介

今日は、ゲムマで共同出展のお声がけをしてくださったガーデンゲームズさんの新作を紹介します!
ウチも何度か遊んだのですが、競りゲームとしてはかなり珍しいシステムになっていてめっちゃ面白かったです。

では気になる内容をどうぞ!


boxtoltrarell.jpg


トルトラレル
ゲームデザイン:樫尾忠英
アートワーク:村田茂人


妖精たちの魔力の源「星苺」をめぐる魔力比べゲーム トルトラレル です。このゲームはブラフ重要な競りカードゲームです。

プレイヤーは一定枚数の妖精たちのカードを手札にします。この妖精たちを使って星苺を取るのです。うまくいけば間抜けな敵をも とりこ にできるでしょう。

とりこ になった敵が持つ星苺と取ってきた星苺カードが得点になります。


5as-.jpg


プレイは、手番が回ってくるたびに1枚の妖精カードを裏向きで手元に置きます。これはプレイされた妖精カードになります。妖精カードをプレイする機会は1枚の星苺につき2回あります。この2回の機会を使って0~2枚の妖精カードをプレイしましょう。全員の妖精が出そろったら公開!魔力比べです。魔力の強い方が今回の星苺および敵の妖精カードを獲得するのです。

E3s-.jpg


ラウンドが終わると、次ラウンドのための準備を行います。再び場に5枚の星苺カードが並べられます。手札の妖精カードも補充されます。

2つのラウンドが終わればゲームは終了です。獲得した星苺の数を比較してください。より多く取っているプレイヤーが妖精の王になるでしょう!

4人プレイの場合!
このゲームを4人で遊ぶ時はチーム戦になります!向かい合わせに座った2人がチームメイトです。チームはそれぞれ共有の星苺カードを持つので、この共有の星苺を増やすように頑張ってください。チームメイトの2人は自分の持っているカードの強さ(数字)を言ってはいけませんが相談はできます。チームワークの良い方が勝利するでしょう!

ゲームマーケット公式ページに作品紹介を投稿

タイトルで全て書いてしまった感がありますが、ゲームマーケット公式サイトにALTERの紹介を投稿しました!

ALTER紹介ページ → こちら

開催まで残り1ヶ月切りましたね。
他サークルさんの出展作品も少しずつ情報が出てきてワクワクします。

ウチも残り1ヶ月、頑張って作品のいいところを紹介していきますよ!

また、今回お世話になるガーデンゲームズさんのトルトラレルについても、少しずつ情報が出始めています。
実際に遊ばせてもらいましたが、ルールがとても覚えやすく、やればやるほど戦略が思いつく非常に素晴らしい作品でしたので、是非みなさんイベント当日に試遊していただきたいです!

また、トルトラレルのもう一つの魅力はその綺麗なイラストですね。
世界観がとても表現されてますよ!

ゲムマ公式サイトではトルトラレルの物語が公開されているようなので、気になる方はチェックです!

トルトラレルの物語 → こちら


それでは今日はこの辺で。
次回はALTERについて少し書こうと思います。

自作ゲームALTERについて①

先日少し告知をしましたが、ゲームマーケット2016秋にウチの自作ゲームも出展することになりました。
ガーデンゲームズさんのブースで一緒に置かせていただくという形ですが、初出展なのでドキドキです。

今回は、出展する「ALTER」について少し話そうと思います。

ALTER宣伝用

ALTERというタイトルの通り、ゲームのコンセプトは「変化」です。
対戦相手の性格やクセをゲームの中で学び、行動を先読みすると言えば解り易いでしょうか。

ルールはシンプルで入り易く、でも何度も遊びたくなるゲームを目指して製作しましたので、インストは5分もいらないと思います。


ALTER.jpg


ちなみに「ALTER」というタイトルの由来ですが、付き合いの長い友人にまだ名前もない段階でテストプレイをお願いした際、どんなゲームだと感じた?と質問したところ「結果を変化させる」というイメージが強いと言われ、そこから色々単語を調べていた中、遊坊やとしての処女作だから、始まりの意味も込めて頭文字が「A」になる「ALTER」がいいとなりました。

今回は触りとタイトルの裏話について書きましたが、次回以降は少しずつゲームの内容に触れていきたいと思います。


ゲームマーケット2016秋、遊坊や初作品ALTERを宜しくお願いします。

ブログメニュー

プロフィール

あきら

Author:あきら
遊坊や管理人

埼玉県北部にいるボドゲ好きなおっさん
「楽しい」を探し続ける自由人です。

作品のご購入は、遊坊やオンラインショップをご利用ください。
https://asobouya.thebase.in/

アクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

Twitter

おすすめサイト様

xx
世界中のボードゲームを日本語で紹介。
ボドゲを始めたい人にはオススメです。


★ガーデンゲームズ
ボドゲ製作でお世話になってます。
出展作品は名作ばかり!レビューも参考になります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。