FC2ブログ

令呪カードのルール説明

今日は平行世界戦-IF-についての情報公開その②です。

今回は「令呪」を追加する際のルールについて説明したいと思います。


reiju.jpg


カードの見方については宝具カードとほぼ同じため、説明を割愛します。



まずは準備中の変更点についてです。

お互いのマスターには5種類ずつ「令呪カード」が用意されます。

ゲーム開始時、お互いに5種類の令呪カードを全て受け取り、コマンドカードとは別に手札として持ちます。



次にゲーム中の変更点についてです。

令呪カードは、どちらのターン進行時のどのタイミングでも使用を宣言でき、全ての処理より優先して効果を発揮します。
※唯一、相手が令呪カードを使用し、その処理が終わるまでの間は使用できません。

例として、敵が戦闘を仕掛けてきた際、コマンドカードを公開した結果Artsチェイン1つの差で敗北が見えた瞬間、Counterの令呪カード発動を宣言することで、相手のArtsチェインカウンターを取り除き、自身のパワーを+1することで敗北を免れる。と言うことも可能です。

先にも説明した通り、令呪カードで命令できる内容は以下の5種類用意されています。

Boost Change Charge Counter Return

ただし、ゲーム中に使用できるのはこの中の3種類のみ、また、同じ命令は1度しか行えません。



以上が令呪カードに関するルールです。

令呪カードは拡張ルールの中でも最上位の優先度となる絶対的な力を持ち、相手ターンでも使用できるため攻守共に活躍することは間違いありません。

ただし、同じ種類の命令は使えず、5種中3種までと言う制限があるため、どのタイミングでどの令呪カードを使うか非常に悩むと思います。



いかがでしたか?

簡単な説明であるため、少しわかりづらかったかもしれませんが、後日正式な説明書も公開予定ですので、今はとりあえずこのくらいで。



先日募集したイラストも次々に到着し、完成に近づいております。

全てのイラストが揃った後、クラウドファンディングで最速頒布も行おうと思っておりますので、宜しくお願いします。



次回以降は宝具カードについて、個別にイラストと効果を紹介していきたいと思っております。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブログメニュー

プロフィール

あきら

Author:あきら
あそぼうや管理人

埼玉県北部にいるボドゲ好きなおっさん
「楽しい」を探し続ける自由人です。

作品のご購入は、オンラインショップをご利用ください。
https://asobouya.thebase.in/

アクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

Twitter

おすすめサイト様

xx
世界中のボードゲームを日本語で紹介。
ボドゲを始めたい人にはオススメです。


★ガーデンゲームズ
ボドゲ製作でお世話になってます。
出展作品は名作ばかり!レビューも参考になります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR