戦場のヴァルキリー

デザイナー:みさき(みさき工房)
プレイ人数:3~4人
プレイ時間:約45~60分
対象年齢:10歳以上
デザイン:かっこいい
プレイの雰囲気:じっくりと遊べる


20161017_104608.jpg


★ざっくり言うと?
各プレイヤーが戦乙女ヴァルキリーになって人間界で行われている戦争に神の目線で干渉し、登場人物の魂を集めてお上に納めるゲーム。


★デザインについて

20161016_095207.jpg


元ネタはヴァルキリープロファイルというデジタルゲームらしいです。ウチは元ネタを知りませんでしたが、ファンタジーな世界観は初見で理解でき、世界観にも入り易くとてもいいと思いました。

人物カードデザインがほぼ同じデザインであるため、初見ではどれが各国の王なのか判断に迷う場面がありました。

ボードデザインは世界観をしっかりと表現しつつ、不要な情報が一切なくとても解り易かったです。

個人的な意見ですが、パッケージからは色々計算とか難しそうなゲームなのかな?ってイメージを受けます。(内容は予想に反しとてもシンプルでした)


★ゲームシステムについて

20161016_102348.jpg

20161016_103240.jpg



プレイヤーの手番行動は、①死者の魂を回収する。 ②戦争を仕掛ける。 ③国に干渉する。 ④休憩する。 ⑤魂を上に納める。 の5種類から1つだけ。
行動の内容によって必要な行動値の量が異なり、先に書いた方が行動値が多く必要となる為、多用は出来ない。

各プレイヤーはスタート時点でいずれかの国の支配権を持っている状態でスタートし、そこから戦争をしかけて相手の国の人物をかっさらったり、国そのものの支配権を奪ったりする。
ただ、戦争や支配ではほぼ勝利点が得られず、メインになるのは戦争で回収した登場人物の魂を上に納めること。

なので、見た目的には戦争ゲームっぽいが実際にプレイしてみると魂回収がメインになってしまいがちだった。

戦争処理については単純に戦力が高いほうが勝つというシンプルなもので、見た目に反しサクサクとゲームが進められていいなと感じましたが、人によってはシンプルすぎて物足りなさを感じるかも。


★おまけ
総合的に見て、時間システムによる行動の制限や戦争と魂転送のタイミングを考える面白さなど魅力的な部分が多くみられましたが、国同士の戦争を起こさせるという背景の割りに他プレイヤーに干渉することが少なく、地味に魂を回収する方が強い。というプレイをしてしまう人もいたのでその部分は物足りなさを感じました。

ただ、戦争時の処理が非常にシンプルなのは個人的にすごくいいと思います。この辺のバランスを崩さずに、戦争や支配をもっと楽しめるゲームになったらかなりの高評価になるかなと。

あと、インスト時に感じたのは説明書のカード説明が最初になかったこと。
準備が先に記載されていたため、「君主カードをデッキの上に」と書かれていてもどれが君主なのかわからないんだけど・・・みたいな状態で結構時間かかりました。
なので、買ってきたゲームをその場で開けてさぁやろう!ってのは少し厳しいかなと感じました。

事前に説明書読んでおけば、内容は非常にシンプルなのでスムーズに始められると思います。

一緒にプレイした方からの意見では、初期の支配国によって圧倒的な差が出過ぎていて、某美女の国だと立場的にはうれしいけどゲーム的にはあまり楽しめなかった。とのこと。
確かに、強弱がハッキリしすぎてて「あの国は強すぎるからほっとこう」みたいな感じになってたので、そこらへんのバランスももう少しよければなぁと感じてしまいました。

20161016_105949.jpg


最後に、この作品は原作を知らなくても楽しめます。
ただ、重ゲーが好きな人には物足りなく、軽ゲーが好きな人にはコンポーネントの多さがネックという微妙な立場になってしまうのが勿体ないかな。
スポンサーサイト

王さまのマカロン

デザイナー:鍋野企画
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約10~20分(あきら実践上)
対象年齢:こどもからおとなまで
デザイン:かわいい
プレイの雰囲気:じっくりと遊べる


20160922_225319.jpg



★ざっくり言うと?
かわいいマカロンのコマを使った三目並べ&ランダムオセロ。
知らない人にこのパッケージを見せると、大体どこかのお土産だと思われる。


★デザインについて

20160922_225448.jpg

内容物は化粧箱、説明書、プレイマット、布袋、マカロンコマxいっぱい。
写真からもわかる通り、とても可愛い見た目が印象的。

全てのコンポーネントがとても丁寧にデザインされていて、観ているだけで幸せになれそうです。
何も言わずに皿に乗せて置いたら本気で食べられそうで怖いですねw


★ゲームシステムについて

20160922_225602.jpg

本作には2つの遊び方が用意されており、2人用と2~4人用が遊べます。
それぞれ、並べてマカロン<特殊三目並べ>、集めてマカロン<特殊オセロ>と名前もあるようです。

個人的には並べてマカロンがとても好きで、やってることは三目並べなんですがお互いに持っているマカロンの色が同じ色を3色ずつ、同じ数という条件。
つまり、自分の手番でいずれかの色を2個並べたら負けという基本的な三目並べと逆の発想になっています。
なので、1手間違えただけで致命的という可愛い見た目とは裏腹にガチバトル出来るルールなのです。

あまりに凡ミスによる終了が多かったので、ローカルルールでハートトークン3つずつ所持し、ハート1つ支払うことで直前の1手をやり直せるようにして遊んでるくらいシビアなのです。

集めてマカロンも、入手したマカロンの組み合わせでポーカー役的なボーナスがつくので、わりとガチバトルできます。


★おまけ

ウチが初めて遊びに行ったゲームマーケットで、見た目の可愛さに魅せられた作品です。
これ1個1個マカロン手作りなんですよね?愛が溢れてきますねぇ。

ぶっちゃけ購入理由は「見た目が可愛いから」だったのですが、遊んでみたら好きなタイプのゲームだったので、かなり気に入ってます。

ただ、マカロンに使用してる素材の性質上、水濡れだけは絶対NGらしいので・・・飲み物はテーブルの下に置いて遊んでくださいね!

それにしても鍋野企画さんの作品、この独特なイラストがたまらんですねぇ。

ケータイ少女-MNPするから金をくれっ!-

デザイナー:かつまろんりーうるふ
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約30分
対象年齢:8歳以上
デザイン:かわいい
プレイの雰囲気:さくっと遊べる


20160908_191235.jpg


★ざっくり言うと?

携帯電話の乗り換えキャッシュバックキャンペーンを利用して、他のプレイヤーより多く金を稼ぐゲームです。


★デザインについて

20160908_191329.jpg

内容物は、化粧箱、説明書(兼イベントリスト)、ケータイ少女カード4種x3社、ブラックリストトークン、万券トークン、サイコロ。
全体的にシンプルで解り易いデザインになっていて、各ケータイ電話は擬人化されて美少女のイラストになっています。

ケータイ会社ごとに異なる山へ置く必要があるが、カードバックがそれぞれ異なる為、とても分かりやすいと感じました。


★ゲームシステムについて

20160908_191523.jpg

プレイヤーはそれぞれ、最大2台までのケータイ電話を契約⇒乗り換えを繰り返し、万券トークンを稼いでいきます。
場には各会社から新製品となるケータイ少女カードが置かれ、それを契約金を払って新たに契約します。

ただし、契約前と後のケータイ会社が同じ場合は乗り換えが出来ず、預託金がある状態で乗り換えた場合は会社のブラックリスト入りとなり、しばらくその会社と契約できなくなるという、なんともリアルなシステムになってます。

各ターンにイベントが発生し、その内容によっては契約時のキャッシュバック額が増えたりするので、いつ契約するかがとても大事です。


★おまけ

このゲームはとあるチャットアプリで知り合ったデザイナーの方が作った作品ということで、参考までに本人から直接購入しました。

最初内容を見たときはどんなもんなのかサッパリイメージがわきませんでしたが、いざやってみると契約のタイミングや、あえてブラックリスト入りしてでも取りに行くべきタイミングというのが発生することが解り、実に面白いと感じましたねー。

製作費の問題なのか、カードの質やトークンの印刷ずれが少し気になりますが、ゲームする分には全く問題ないです。
欲を言えば、イラストの女の子が可愛いのでもっと種類が欲しかったかなぁ。

ウチはゲームシステムや世界観がとても好きな作品ですが、結構黙々と契約⇒乗り換えを繰り返す感じになってしまうので、評価は6点と抑えめにさせていただきました。

理想の納豆

デザイナー:KUA

プレイ人数:3~5人

プレイ時間:約30分

対象年齢:8歳以上

デザイン:おもしろい

プレイの雰囲気:さくっと遊べる







ab73cad82d228fd2fca5de1029528d8f.jpg





こんな人におすすめ!



①ボードゲーム初心者の人


②みんなでお喋りしながら遊びたい人


③納豆を愛している人





ざっくり言うと・・・





自分に配られた【理想のトッピング】を、他の人にばれないように場の納豆に入れて点数を上げる!





かき混ぜ回数が丁度いい感じかなーって思ったら食べる!





2回プレイして、合計点数が高ければ納豆王になれる!




そんな感じのゲームです(笑)





20160906_152103.jpg





見た目的な感想ですが





カードはもちろんのこと、箱や説明書のデザインもかなりこだわりが感じられます!





ぶっちゃけ、見た目で興味がわきますよね~!





20160906_152211.jpg





システムは非常にシンプルで遊びやすいです!





配られた手札の中から





「トッピング」 か 「かき混ぜ回数」 のカードを、場のいずれかの納豆に入れていき・・・





いずれかの納豆が食べ時だと思ったら、食べる!(その後は点数計算まで離脱)





たったこれだけなので、説明はあっという間に終わります。





全員が納豆食べる宣言したら点数計算!





トッピング枚数による点数の計算を先に行い、高い人が勝利・・・





ってことはないのがこのゲームの面白いところなんです!





点数計算後、混ぜ回数のジャッジを行い・・・




この回数が10回~15回に収まっていないと、まさかの0点!?





このシステムがあるおかげで、単純に高い点数の納豆=勝ちじゃないのが、実に面白い!





食べられると思ったらジャッジ失敗(´;ω;`)





食べられないと思って取ってみたら奇跡的に食べられた!?( ゚Д゚)




ってことがしょっちゅう発生するので、

最後の最後まで勝敗が解らないドキドキ感がたまりません。





あと、プレイ中はほぼ毎回と言っていいほど、納豆トークが始まりますw





それも、個人的にこの作品のいいところだと思います!





★おまけ



個々の作品をレビューするにあたって、まず最初に紹介したいと思ったのはこの作品でした。





なにせ、ウチが本格的にボドゲにはまったキッカケであり、

ボドゲデザイナーになりたいと思ったキッカケでもある作品なので!





オープン会にもクローズ会にも必ず持って行ってますが、

まずこの見た目のインパクトで人を魅了します。





その後、これなに?って聞かれたら、


ウチは必ず・・・





「納豆のゲームですねぇ」




としか言わないですw



あえて謎な雰囲気を残すことで、

みんな「やってみたい」と言ってくれる時が、

自分の作品ではないですが凄くうれしいです。





シンプルなルールと、

納豆という身近だけどゲームにはならないだろうという斬新なテーマもあってか、

リピーター率も非常に高い作品ですよ。





ちなみに現在市場に出回っているのは長方形のカードですが、

最初の頃は正方形で、箱もカードも納豆パックサイズでした。





ウチは正方形タイプの方が好きですね!愛を感じます!





20160906_151958.jpg





残念ながらスリーブに入れると素敵な箱には入らないので、

100円均一のパックに入れて保存しております。

いや、これはこれで面白いからいいんですけどねw

第一回高崎ボードゲーム会を開催しました。

本日は、待ちに待ったオープンボドゲ会の日!

第一回 高崎ボードゲーム会を開催してきました!

何を持って行っていいかよくわからなかったので、詰められるだけ詰めて持って行った結果、

20160703_102543.jpg


こんな感じのタワーが出来ましたw

楽しすぎてほぼ写真を撮っていませんが、参加者9名で色々遊んできましたよ。
覚えてる限りだと、

もじぴったん
ピクテル
ハゲタカのえじき
アクエリアス
ごきぶりポーカー
ニムト
キャプテンリノ
今日も帰れない
ゾン噛ま
お邪魔者
シュレディンガー勇者
ブロックス(別卓)
ミツバチマッチ(別卓)

全体的にカード系が多めですね。説明も楽なのでって理由が大きいですが。

特にニムト、お邪魔者、シュレディンガー勇者あたりは盛り上がっていたようです。
ウチは遊んでませんが、ブロックスも盛り上がってたみたいですね~。

一部説明不足だったゲームもありましたが、参加者の方のフォローもあり、大きな問題もなく最後まで進められました!

次回8月7日(予定)はカードではなく、コマやダイスを使った「ボードゲーム」感の強いものをメインで遊んでみようと思います。

7月17日に第1.5回が開催されますので、そちらも宜しくお願いします。

ブログメニュー

プロフィール

あきら

Author:あきら
遊坊や管理人

埼玉県北部にいるボドゲ好きなおっさん
「楽しい」を探し続ける自由人です。

作品のご購入は、遊坊やオンラインショップをご利用ください。
https://asobouya.thebase.in/

アクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

Twitter

おすすめサイト様

xx
世界中のボードゲームを日本語で紹介。
ボドゲを始めたい人にはオススメです。


★ガーデンゲームズ
ボドゲ製作でお世話になってます。
出展作品は名作ばかり!レビューも参考になります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR